必ず喜ばれる開業祝いに贈るべきお花とは

もしも、知り合いのお店が開業したという場合は、開業祝いを贈ってその喜びを祝福し幸せな未来を願いましょう。開業祝いの場合、火事や赤字を連想させる赤いもの・火気を避ければ、目上の方にであっても現金などを贈っても問題ありません。新オフィスに置けるような品物にしてもいいですし、何か希望のものを買ってもらえるよう商品券という手もあります。商品券や現金は金額が丸分かりなのであまり望んでおらず、だからといって品物も思い浮かばないという方はお花がおすすめです。新しいオフィスを華やかにしてくれますし、ある程度他の人とかぶってしまっても問題がありません。ただ、贈る際のマナーというのはあります。先方が必ず喜んでくれるような開業祝いとなるよう、注意しましょう。

贈る場合のマナーについて

開業の祝いといえば赤いものは避けるというルールがありますが、同じように赤い花も避けましょう。お店に依頼する際に、利用目的について告げておけば無難に選んでもらえるでしょう。マナーとして付ける立て札も、そこに書く文字についてきちんとプロが考えて書いてくれつけてくれるため自分で用意する必要はないのです。開業者が取引先なのか・友人や知人なのか・身内なのかで一般的な相場というものがあります。あまりに安すぎるものは相手に対して失礼ですし、並べて飾ってあるときに見劣りすると恥をかいてしまうことに。だからといって高価すぎるものも相手に気を使わせてしまいます。相場の範囲で選ぶようにしましょう。開業したばかりで先方は忙しくしているはずです。相手のことを考えて贈るのがマナーです。

相手に手間を掛けさせないようにしましょう

おすすめは、お世話の手間がかからないものということで、胡蝶蘭が定番ですが、観葉植物や最近ではブリザーブドフラワーなどもおすすめです。長く楽しめて水遣りもほとんどいらないのでオフィスに置いておくだけでいいです。ただ、ものによってはそれなりに大きなものになるので、置くための余分なスペースがあるかどうか確認して置き、いつ届くことになるかも伝えておいた方がよいでしょう。あまり高さがあるものは圧迫感を与えてしまいます。椅子や机などの高さを確認しておくのもよいかもしれません。飲食店や病院などは香りが強かったり花粉が出るようなものはよくはありません。オフィスの様子や職種によって同じ予算内でどういったものが喜ばれるか考えて贈りましょう。忙しい相手に迷惑がかからないようにしましょう。